寝起きの口臭原因

悪玉菌による寝起きの口臭原因

 

寝起きに自分の口臭に驚くことはありませんか?

 

何だこの臭い、どこからしているんだと思ったら
自分の口臭だった、そんなことを経験したことがある
人はきっと一人や二人ではないはずです。

 

 

この寝起き時の口臭の原因ですが、簡単に言うと悪玉菌です。

 

寝ている間に増殖した悪玉菌が原因で
あの強烈な口臭へと変わるのです。

 

では、何故ねている間に悪玉菌が増殖して
しまっているかというと・・・唾液が減るからです。

 

 

寝ている間に人間は唾液が減ります。
これはなんとなく分かりますよね。

 

唾液が増えてしまっては寝れませんものね。
下手したら溺れてしまいます。

 

もちろん寝ながら水分を摂るなんてことができる人も
絶対にいないとは言いませんが、そうはいないはずです。

 

 

ですので、寝起きの口臭はほとんどの人が
多かれ少なかれあるということです。自分だけではなくて安心ですよね。

 

 

その寝起きの口臭、原因は悪玉菌だということが分かったけれど、
どう対処したらよいか悩みますよね。

 

最も簡単な対処方法は寝る前にお水を飲むことです。

 

たったそれだけでも寝起きの口の臭いは
だいぶ変わってきます。

 

口の中が乾燥することで口臭の原因である
悪玉菌が増殖してしまいますので、
その原因である悪玉菌を増やさないように水を飲んである程度の増殖を抑えるのです。

 

 

他にも寝る前にお酒を飲まない、口呼吸ではなく花呼吸で
寝るようにするなどの対策があります。

 

ですが、簡単なのは水を飲むことです。
口臭が気になるようでしたらぜひ今日からでも実践してみて下さい。